風俗で美人風俗嬢から性病をもらってしまった話

私は、風俗が好きでしょっちゅう通っていました。

しかし、ファッションヘルスなどの男性器をフェラチオしてもらうような風俗がメインでしたので、あまり性病の事は気にしていませんでした。ソープランドにたまに行く事はありましたが、ほとんどの場合はコンドームを付けてセックスをしていましたので、性病に罹る事は全く無かったです。
そういう事で、性病とは無縁の生活で、活字から得る情報で性病の事は知るのみでした。

そのために、一部の無知な人に向けた本に書かれているような美人は性病は無いなどと言うような俗説を信じて、風俗店で生でやらせてもらったのです。

一度目のセックスでは何とも無かったので数日後にまた、生でやりました。この、二度目のセックスで感染したのだと思います。
性行為から数日後、朝トイレで用を足していると、男性器から白い液体のようなものが出ていたので、朝のトイレの中でしたので、朝の勃起に伴うカウパー線液かな?とも思いましたが、性器が痛むので、一応何かあるのでは?と思って病院に行きました。

そして、ヘラヘラと笑いながら性病などなるはずがないと高をくくっていましたが、医師から性病である事を告げられた時は頭が真っ白でした。幸いクラミジアでしたので、簡単に治りましたが、他の性病が感染していたかと思うとゾッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です